フォーラム

知財創造研究分科会

知財創造研究分科会は、「知財創造の実務へのTRIZの適用に関するガイダンスを作成して、これを公開することで知財創造活動を推進するとともにTRIZの普及・発展に寄与する。」ことを目的として、2007年の4月にNPO法人日本TRIZ協会の分科会の一つとして発足しました。

 

2カ月に1回の頻度で定例の研究会を東京都内で開催しています。

研究会では、各参加者に割り当てられた事例研究の進捗を確認しながら、毎年開催されるNPO法人日本TRIZ協会のシンポジウムで成果発表をしています。

 

地方在住の方でも研究分科会の研究活動に参加できますので、興味のある方はお問い合わせください。

問い合わせ


知財創造研究分科会の活動計画案(発足時のもの)


過去の研究発表実績

第4回 日本TRIZ協会シンポジウム(2008年)

 【発表題目】

 特許公報による発明解析事例-その1

 【概要】

  知財創造研究分科会の「特許公報による発明解析」という研究テーマについて、日用品、機械、電気、電子、情報技術、化学といった技術分野の特許公報を全部 で50件程度解析した事例を報告する。ここで、特許公報による発明解析とは、特許公報に記載されている内容から、その発明にどのような対立矛盾が存在して おり、その対立矛盾をどのような技術的手段で解決しているかを確認することで、その発明が完成されるまでの思考プロセスを読み取ることをいう。

  特公報には、先行技術とその問題点およびその発明が解決しようとする課題が記載されており、改良しようとする内容とその際に障害となる内容とを読み取るこ とができる。今回の「特許公報による発明解析」については、特許公報から読み取ることが比較的容易な技術的矛盾の観点で発明解析を行なった結果を報告す る。

ダウンロード
特許公報による発明解析事例-その1
第4回TRIZシンポジウム2008(ポスター発表).pdf
PDFファイル 968.2 KB


第5回 日本TRIZ協会シンポジウム(2009年)

 【発表題目】

 特許公報による発明解析事例-その2

 【概要】

  前回報告した「特許公報による発明解析事例」では、日用品、機械、電気、電子、情報通信技術、化学といった技術分野の特許公報を全部で50件程度解析した 事例を報告した。今回は、その後の新たな特許公報を対象とした解析事例を報告するとともに、各解析事例についての解析者の観点と解析の根拠となる特許公報 の該当個所の原文を掲載した「解析メモ」を追加することとした。
 これにより、解析結果を1シートにまとめた「発明解析シート」の内容についての 解析者の解説が加えられたことになる。したがって、「発明解析シート」と「解析メモ」の両方を見ることによって、初心者にも特許公報を対象とした発明解析 の仕方が理解できるものとなった。さらに、この2つの資料に加えて原データの特許公報を参照することで、解析結果についての適合度を確認することができる ものとなった。
 なお、今回の発明解析では、情報通信技術分野の特許公報の発明解析については、技術的矛盾マトリックスとして Darrell Mann の21×21の「IT矛盾マトリックス」を使用し、発明原理として Umkant Mishra の「IT技術のためのTRIZ発明原理」を採用した事例も含まれている(注:解析メモには、使用した技術的矛盾マトリックスの種類と発明原 理の種類が記載されている)。

ダウンロード
特許公報による発明解析事例-その2
第5回TRIZシンポジウム2009(ポスター発表).pdf
PDFファイル 1.1 MB


第6回 日本TRIZ協会シンポジウム(2010年)

 【発表題目】

 特許公報による発明解析事例-その3

 【概要】

  前々回は、複数の技術分野の特許公報を対象として技術的矛盾の観点から発明解析をした結果を1枚にまとめた「発明解析シート」を発表し、前回は、各解析事 例についての解析者の観点と解析の根拠となる特許公報の該当個所の原文を掲載した「解析メモ」を追加することで、初心者にも特許公報を対象とした発明解析 の方法が理解できるものを提案した。
 今回は、新たな案件についての解析を加えて合計100件の発明解析の結果を報告するとともに、その発明が技術的矛盾を解決した結果、どのような技術内容がどのように進化したのかを明らかにする解析を行った。
  なお、今回は、技術進化の評価は Invention Machine 社の19の技術進化のパターン、Ideation International 社の技術進化の12のパターン/ライン、Darrell Mannの35の技術進化トレンドの中から、その発明に最適と思われる項目を抽出して実施した。

ダウンロード
特許公報による発明解析事例-その3
第6回TRIZシンポジウム2010(ポスター発表).pdf
PDFファイル 405.3 KB


第7回 日本TRIZ協会シンポジウム(2011年)

 【発表題目】

 特許情報と市場情報による発明価値の評価(その1)-「電動歯ブラシ」を事例として-

 【概要】

 製品・サービスの市場規模が拡大するかまたは市場占有率を向上させ得るものこそが、その製品・サービスに関連する特許の技術的価値が高い(有用な技術)と考える。このような観点から、知財創造研究分科会では、特定の製品に対する特許情報と市場情報を突き合わせることで、発明の価値評価を行うことにした。

 今回は、その準備段階として、1991~2010年の日本国特許庁で公開された「電動歯ブラシ」に関する実用新案と特許に関する公報520件を対象にして、出願件数の多い順から約20の出願人(企業、個人)を抽出し、(1)代表図面と発明の構成、作用、効果を因果関係で表した発明ダイヤグラムと、特許取得にかかる研究開発費(推測値)を記載した1件1葉の「特許情報シート」の作成と、(2)商品名、型式、写真(図面)、構造の特徴と、発売時期、市場占有率等を記載した1件1葉の「市場情報シート」の作成についての経過報告を行う。

ダウンロード
特許情報と市場情報による発明価値の評価(その1)
第7回TRIZシンポジウム2011(ポスター発表).pdf
PDFファイル 304.9 KB


第8回 日本TRIZ協会シンポジウム(2012年)

 【発表題目】

 特許情報と市場情報による発明価値の評価(その2)-「電動歯ブラシ」を事例として-

 【概要】

 市場規模を拡大させるか市場占有率を向上させる発明こそが、顧客のニーズに合致し企業利益に寄与する技術的価値が高い発明(有用な技術)であるとの観点から、特許情報と市場情報を突き合わせることで発明の価値評価を行う活動を行っている。

  今回は、昨年度作成した「電動歯ブラシ」の技術動向資料(日本国特許庁で公開された実用新案と特許に関する公報520件(1991~2010年のデー タ))と売上高推移の市場動向資料を基礎として、売上高の上位5社を対象に、発明活動にかかる費用(研究開発費(推測値)とその特許出願および特許取得に かかる費用)と市場効果(市場規模が拡大または市場占有率が向上した状況)とを比較検討した結果を報告する。

  具体的には、技術動向資料に基づいて発明毎に作成した因果関係モデル(発明ダイヤグラム)から目的と手段の移り変わりを知ることで、各企業の事業戦略、研 究開発戦略、知財戦略の違いを確認することができる点を示す。また、市場動向資料からは製品の種類と売上高の移り変わりを知ることで、各種戦略の結果とし て各企業の市場占有率がどのように変化したかを示す。

ダウンロード
特許情報と市場情報による発明価値の評価(その2)
第8回TRIZシンポジウム2012(ポスター発表).pdf
PDFファイル 699.4 KB


第9回 日本TRIZ協会シンポジウム(2013年)

 【発表題目】

 特許情報と市場情報による発明価値の評価(その3)-「電動歯ブラシ」を事例として-

 【概要】

 市場規模を拡大させるか市場占有率を向上させる発明こそが、顧客のニーズに合致し企業利益に寄与する技術的価値が高い発明(有用な技術)であるとの観点から、特許情報と市場情報を突き合わせることで発明の価値評価を行う活動を行っている。

 前回までに、電動歯ブラシの売上高の上位5社を対象に、特許出願件数と発明者数から推測した発明活動にかかる費用と、市場規模と市場占有率の推移から推測した市場効果とを比較した、費用対効果に関する発明の価値評価結果を報告した。

 今回は、前記各社の発明の課題の変遷の特徴を明らかにするとともに、新たに実施した顧客アンケート調査とTRIZの進化の法則による将来予測の両面から、電動歯ブラシの次世代の商品コンセプトを提案する試みを行ったので、その結果を報告する。

ダウンロード
特許情報と市場情報による発明価値の評価(その3)
第9回TRIZシンポジウム2013(ポスター発表).pdf
PDFファイル 1.2 MB


第10回 日本TRIZ協会シンポジウム(2014年)

 【発表題目】

 簡単なTRIZ的価値評価方法の提案-高齢者の新しいライフスタイルの提案を例として(その1)―

 【概要】

 「高齢者の新しいライフスタイルを提案する」ことに複数年をかけて取り組む研究テーマとして決定した経緯を述べることで、漠然とした問題意識に基づいて新たな問題を発見する方法を提案する。

 具体的には、(1)「SWOT分析」による対象システムの問題の要因の明確化、(2)「クロスSWOT分析」による4つの場面における対応策の検討、(3)「目的展開」による研究テーマのビジョンとしての「あるべき姿」と焦点となる目標の決定、を実施した。その結果、ビジョンとして「高齢者とその関係者が幸せな生活を送る」、目標として「高齢者が自分の問題と他人の問題を解決する」を決定し、目標実現のために「高齢者が自分の好きなこと得意なことを再認識する」ことから着手することを明らかにした。
 さらに、問題解決者である高齢者本人が問題を解決した結果の価値評価が行えるために、エンジニアリング分野のエレガンス性とTRIZの理想性とを組み合わせた「局所的理想性」という評価基準を提案し、具体的な評価事例を報告する。

ダウンロード
高齢者の新しいライフスタイルの提案(その1)
第10回TRIZシンポジウム2014(ポスター発表).pdf
PDFファイル 687.8 KB


第11回 日本TRIZ協会シンポジウム(2015年)

 【発表題目】

 価値評価から創造する方法-高齢者の新しいライフスタイルの提案を例として(その2)―

 【概要】

 現在「高齢者の新しいライフスタイルの提案」をテーマに研究を進めており、今回は第2回目の発表になる。前回の発表では、我々が開発した「プラチナデザイン評価シート」を使って、主にユニバーサルデザイン関連の既存製品・サービスについてエレガンス度((期待感/実現力)×資源の利用容易性)という定量評価を行った。その後、エレガンス度の評価値と評価者の感覚との整合性を向上させるための見直しを行った。
 「プラチナデザイン評価シート」には、改善後の製品・サービスをさらによいものへ進化させるための提案として評価者の意見を記入する項目を設けていた。評価尺度であるエレガンス度を見直すための議論を交わしている中で、改善後の製品・サービスの提案項目の主旨をさらに追及することで、新たな製品・サービスのコンセプトを提案する方法を考え出すことができた。今回は、その方法論と具体的事例について報告する。

ダウンロード
高齢者の新しいライフスタイルの提案(その2)
第11回TRIZシンポジウム2015(ポスター発表).pdf
PDFファイル 1.3 MB


知財創造研究分科会の次回開催予定

会 議:第54回知財創造研究分科会

テーマ:次期研究テーマの検討、OTSMに関する各自調査結果の報告

日 時:2016年10月5日(水)、13:00~17:00

場 所:ソニー株式会社本社(品川)

参加者:NPO法人日本TRIZ協会 知財研究分科会メンバー


オペレータ事例作成課題(ビジネスモデル特許一覧)

番号

公報番号 筆頭分類 名称 商品、サービス

  1

特公昭58-40777号

G06F15/28 投票券  

 2

特公平3-24204号 A47F9/00 証券店舗の接客用業務設備  

 3

特公平7-80385号 B42D15/10 クレジットカードの使用方法  

 4

特公平7-111723号

G06F19/00 電子通貨システム  
 5 特公平8-16950号 G07G1/12 店頭販売品の生産システム  
 6 特許第2756483号 G06F17/30 広告情報の供給方法およびその登録方法 凸版印刷のマピオン
 7 特許第2874341号 G06F19/00 金銭移転システム  
 8 特許第2938783号 G06F19/00 キャッシュカード決済システム  
 9 特許第2939723号 G06F1/00 インターネットの時間利用課金システム  
10 特許第2951307号 G06F13/00 電子掲示板システム ガーラの電子掲示板システム
11 特許第2952771号 G06F3/16 顧客情報収集・配信システム  
12 特許第2956085号 G06F19/00 部品納入指示装置 トヨタカンバン方式
13 特許第2956661号 G06F17/60 流通支援設備 コクヨの@office
14 特許第2967556号 G06F19/00 定期預金の内容変更方法および定期預金の内容変更装置  
15 特許第3015736号 G06F17/60 作業ラインの設計方法および装置ならびに予算作成方法および*  
16 特許第3029421号 G06F19/00 振込処理システム  
17 特許第3034836号 G06F17/60 取引仲介システム及び取引仲介管理方法 リクルートのキーマンズネット
18 特許第3037577号 A23L1/01 調理支援システム、及び方法  
19 特許第3074536号 G06F19/00 電子カルテシステムの入出力制御方法  
20 特許第3085925号 G06F19/00 電子カルテ装置  
21 特許第3086386号 G06F17/50 店舗の設計支援システム  

22

特許第3101551号 G06F17/60 在宅医療システム  
23 特許第3108227号 A61B5/00 在宅医療データ管理装置  
24 特許第3163286号 G08G1/00 配車システム  
25 特許第3179409号 G07B1/00 ID情報を利用した搭乗券発行システム  
26 特許第3184868号 G09C1/00 Webページの真正性確認システム ホームページの真正性照明ソリューション
27 特許第3184869号 G09C1/00 Webページの真正性確認システム ホームページの真正性照明ソリューション
28 特許第3214391号 G06F17/60 情報管理装置および方法 So-netのSmash決済注文
29 特許第3254422号 G06F13/00  ウェブページ閲覧方法およびこの方法を用いた装置 ジェイ・キャストのエリアターゲティング
30 特許第3307625号 G07F13/00 電子掲示板システムおよびメールサーバー ガーラの電子掲示板システム
31 特許第3355366号 G07C11/00 識別子付与による農産物流通における農産物の個体情報* VIPS農産物ネット認証システム
32 特許第3390397号 G06F17/60 贈与仲介システム及びその方法 瓶屋の贈与仲介システム
33 特許第3400447号 G07B1/00 ID情報を利用した搭乗券発行システム JAL-Online

34

特許第3411257号 B65G61/00 出荷貨物の一括集配代行支援システム

日本通運の一括出荷手配代行システム

35 特許第3416635号 G08G1/00 配車計画サービス提供システムおよび配車計画システム イートラックの配車・配送計画システム
36 特許第3520264号 G06F15/00 認証情報入力システム、認証情報保管システム、認証情報* 三井住友銀行の複数サイトの認証情報管理
37 特許第3527211号 G06F17/60 電子クーオン・システム 日立マクセルの電子クーポン・システム
38 特許第3568944号 G06F17/60 入札システム  シーエムネットの入札システム
39 特許第3581094号 G06F17/60 残価予測システム及ぶその方法、並びにコンピュータ上で* 中古車などの「残価予測」
40 特許第3605758号 G07F1/12 クーポンシステム ツタヤ・オンライン
41 特許第3622789号 G06F15/00 汎用的組織内個人認証システム 帝国データバングの個人認証システム
42 特許第3650324号 G06F17/60 取引支援システム、取引情報処理装置、取引支援方法、* Biz-agent.net(不動産売買仲介業者用サイト)
43 特許第3659400号 G06F17/60 オークション・システム 楽天のオークション・システム
44 特許第3676999号 G06F17/60 コンピュータ・ネットワーク・サーチエンジンにより作成された* オーバーチュアのコンピュータシステム
45 特許第3734168号 G06Q40/00 発注条件を自動設定する売買注文処理システム及び売買* カブドットコム証券(±指値)
46 特許第3746784号 G06Q30/00 ネットワークを用いた商品の共同購入システム インテリア計画
47 特許第3754009号 G06Q40/00 訂正条件を自動設定する売買注文処理システム及び売買* カブドットコム証券(W指値)
48 特許第3766022号 B65G61/00 商品回収支援コンピューターシステム ビジネス機械・情報システム産業協会の回収システム
49 特許第3792650号 G06Q20/00 宅配便のカード決済システム 佐川急便とJCBの代引き宅配便のカード決済
50 特許第3875206号 G06Q40/00 売買注文自動発注装置及び売買注文の自動発注方法 カブドットコム証券の逆指値機能
51 特許第3986057号 B65G61/00 商品ボックス管理装置、商品ボックス管理システムおよび* 江崎グリコのオフィスグリコ
52 特許第4153249号 G06Q30/00 電子クーポン割当システムおよびそれを実現するための* ぴあの電子クーポン
53 特許第4163360号 G06Q20/00 宅配便のカード決済システム及び宅配便のカード決済方法 佐川急便とJCBの代引き宅配便のカード決済
54 特許第4201824号 G06Q40/00 電子記録債権登録装置及び電子記録債権の登録方法 日本電子債権機構(JEMCO)電子手形サービス
55 特許第4246658号 G06Q40/00 融資管理システム 鹿児島銀行のKeyManシステム
56 特許第4540002号 G06Q40/00 電子記録債権を利用した口座間決済処理装置及び口座間* 日本電子債権機構(JEMCO)電子手形サービス
57 特許第4550156号 G06Q40/00 電子記録債権消込支援システム及び電子記録債権の消込* 日本電子債権機構(JEMCO)電子手形サービス
58 特許第4597122号 G06F17/30 商品権限を管理する方法およびシステム アマゾンの電子商取引
59 特許第4625191号 G06Q50/00 土地仲介システム、土地仲介方法、及び土地仲介プログラム 大和ハウスの土地仲介システム
60 特許第4659705号 G06Q20/00 宅配のカード決済システム 佐川急便の代引き宅配便のカード決済(eコレクト)
61 特許第4716889号 G06Q30/00 情報提供方法、情報提供システム ヤフーの情報提供システム
62 特許第4741034号 G06Q30/00 アフィリエイト分配装置、アフィリエイト分配システム、* 楽天のアフィリエイト
63 特許第4782623号 G06Q30/00 サーバ装置、配送管理方法及びプログラム 楽天あんしん取引
64 特許第4803852号 G06Q30/00 条件付購入管理システム 航空券などの逆オークション