メニュー

因果関係モデル

TOC(制約条件理論)思考プロセスでは、(1)現状分析ツリー、(2)対立解消図、(3)未来実現ツリー、(4)前提条件ツリー、(5)移行ツリーの5つの因果関係連鎖図(因果関係モデル)を作成して、問題解決を進めていきます。

 

米国のアイディエーション・インターナショナル社では、問題発生メカニズムを明らかにした因果関係連鎖図を作成すること(これを問題の定式化という。)で、取り組むべき課題とその実現方法を考えるためのヒントを手に入れる「プロブレム・フォーミュレーション」という作業を行います。

 

TOC思考プロセスで使用する5つの因果関係連鎖図も、プロブレム・フォーミュレーションで使用する因果関係連鎖図も、物事の原因と結果との関係を一覧できるようにした「因果関係モデル」であるといえます。


TOC思考プロセス

TOC(制約条件理論)思考プロセスでは、(1)現状分析ツリー、(2)対立解消図、(3)未来実現ツリー、(4)前提条件ツリー、(5)移行ツリーの5つの因果関係連鎖図(因果関係モデル)を作成して、問題解決を進めていきます。

 

詳しくはこちら


I-TRIZの因果関係モデル

米国のアイディエーション・インターナショナル社では、問題発生メカニズムを明らかにした因果関係連鎖図を作成すること(これを問題の定式化という。)で、取り組むべき課題とその実現方法を考えるためのヒントを手に入れる「プロブレム・フォーミュレーション」という作業を行います。

 

詳しくはこちら