ワークショップ

知的財産の問題解決


発明解析シートの作成法

【セミナーの概要】
 「発明解析シート」の一つの目的は、他社特許の回避やその他社特許に代わる自社独自の発明の創出に役立てるためのものです。特定の特許公報の内容を検討する場合には、一般に特許分析または特許解析という言葉が使用されますが、ここでは「発明思考プロセスの解析」といえるものを紹介します。
 つまり、「発明思考プロセスの解析」とは、特許公報に記載されている内容から、その発明がどのような思考プロセスによって完成されたものであるかを推測することをいいます。具体的には、特定の特許公報の全文を読むことで、その発明がどのような問題を対象にしており、その問題をどのような技術的手段で解決しているかを確認することで、その発明が完成されるまでの思考プロセスを読み取ることになります。これにより、技術の伝承が可能となります。
 「発明解析シート」には、発明の名称、公報番号、特許分類、作成日、作成者などの書誌的事項を記載する欄の他、従来技術の構成、従来技術の問題点、発明の課題、技術的矛盾(相反する機能を実現しなければならない状況)、改良する技術パラメータ、悪化する技術 パラメータ、発明原理(解決原理)、解決コンセプトの具体化の内容の欄が設けてあるので、技術のデータベース化が可能になります。
 【受講対象者】 研究者、開発者、設計者、知財担当者

詳しくはこちら


他社特許回避と自社発明強化

【セミナーの概要】
多くの企業は「知財戦略」を構築しているとしても、その「知財戦略」に沿った開発・知財活動を実行できていないようです。その結果、技術者から提案され
た発明を予算が許す限り、場当たり的に出願することとなります。それではいくらお金と時間を使っても、自社に優位となる特許網を構築することはできませ
ん。また、費用と時間をかけて取得した特許が他社に簡単に代替、改良、回避されてしまうことも多いはずです。
このセミナーでは、対象特許を回避して、同等またはより優れた効果を奏することができる幾つかの新しい発明を創出することにより、他社特許の威力を弱
め、より自由に生産活動を展開するための方法と、創出された発明について代替、改良、拡張する幾つかの新しい発明を創出することにより、他社に対して
強力な特許網を構築する方法とを、学びます。
【受講対象者】 研究者、開発者、設計者、知財担当者

詳しくはこちら


発明ヒヤリング術

【セミナーの概要】
日本企業のみならず、新興国も含めた外国企業とのグローバルな技術開発競争が熾烈を極めるなか、いわゆる「強い特許」を取得することの重要性は益々高まっています。
特許担当者であるあなたは、自社の発明者から出てきた貴重な「発明の芽」を的確にヒアリングしつつ、発明を展開・強化していく自信はありますか?発明者から提出された発明提案書を特許事務所にそのまま「丸投げ」して
明細書を作成してもらうだけでは、いずれ知財部門の意義が問われることになりかねません。
企業として強い特許を生み出し続けるためには、自社の技術に精通した特許担当者自らが、発明を掘下げ、展開・強化するための「技法」を身につけて、価値の高い特許創出支援を継続的に実践していくことが必要ではない
でしょうか?
このセミナー講座では、個人の勘や経験に頼りがちな「発明のヒアリング」(発明の聞き取り)という作業を、発明の4要素の相互関係をたどることで、より論理的に行うためのポイントを習得します。
【受講対象者】 研究者、開発者、設計者、知財担当者

詳しくはこちら


知財戦略の策定法

【セミナーの概要】
知財戦略の重要性は多くの企業で認知されるようになりました。しかし貴社で策定した知財戦略は社内でどの程度受け入れられているでしょうか?
また、実際に役に立っているのでしょうか?
当然ですが、知財戦略は実践できなければ何の意味もありません。自社とは方針も状況も違う他社の成功事例を参考にしても、何の役にも立たない場合も多くあります。
知財戦略を成功に導くためには、本当の知財戦略とは何なのか?どのように戦略を立てれば良いのか?立てた戦略をどのように実行していけば、
思ったような結果が得られるのか?その戦略で経営や事業の優位性が構築できるのか?など、順序立てて正しく把握する必要があります。
このセミナーでは、具体的な事例を想定した演習を交えつつ、現状分析から知財戦略の立案、実践するまでのプロセスを実務に沿った形で学びます。
【受講対象者】 研究者、開発者、設計者、知財担当者

詳しくはこちら